インターネット割引のある任意保険

車の保険分割クレジットカードなしでもOKなら!

▼MENU

インターネット割引のある任意保険ならここ

せっかく任意保険を切り替えるなら安くてお得な保険会社がいい!

今ではどこの自動車保険の会社でも様々な割引制度を用意しています。中でも基本的に通販型の保険会社であれば取り入れているのがインターネット割引かもしれません。

基本的に大手の有名な通販型の保険会社では何かしらインターネット割引を実施しています。

たまに通販型の保険会社を選んでいるにもかかわらず、電話でも申込んでいる方もいますがそれって非常~にもったいない事なんです!!

以下にインターネット割引の利用できる通販型の保険会社をまとめておきます。
各社で割引率や割引額も様々・・少しでも割引の大きい保険会社を探してあなたの保険会社選びの参考にしてください♪

主要通販型自動車保険のインターネット割引一覧

アクサダイレクト年間の保険料によって段階的に保険料を¥2,500~10,000の割引
アメリカンホームダイレクト定率10%(上限20,000円まで)
イーデザイン損保保険料にかかわらず定額 ¥10,000割引
SBI損保保険料にかかわらず定額 ¥5,500割引
セコム損保保険料にかかわらず定額 ¥3,500割引
セゾン自動車火災保険料にかかわらず定額 ¥10,000割引
チューリッヒ保険チューリッヒ保険 年間の保険料によって段階的に保険料を¥2,500~12,000の割引
ソニー損保保険料にかかわらず定額 ¥8,000割引
三井ダイレクト損保年間の保険料によって段階的に保険料を¥4,000~12,000の割引

各保険会社のインターネット割引を比較してみると、大きく分けて定額と定率、そして段階式の割引方式がとりいれられています。

定額のインターネット割引に関しては、わかりやすく比較しやすいですが定率や段階式には少々、注意が必要かもしれません。

車両保険を付帯させないドライバー、すでに保険料の低い状態のベテランドライバーや等級の高いドライバーの場合はベースとなる保険料が安いケースが多いので定率式や段階式のインターネット割引では正直あんまり割引感を感じることができません。

つまりそういったドライバーさんは定額式で割引額の大きめなイーデザイン損保やセゾン自動車火災等を選んだ方がずっとお得になるということです。

もちろんインターネット割引の他にもエコカー割引や早期契約割引、ゴールド免許割引など現在ではいろいろな割引が導入されています。
インターネット割引の金額だけで選んでしまえば後悔します。インターネット割引以外の割引の種類や割引額をトータルで考えて安くてお得な保険会社を選んでおくことがポイントです。

まとめ
割引制度の中でも割引額が大きく、保険料に大きく関係しているインターネット割引は有名通販型で選ぶなら定額で10,000円割引のイーデザイン損保やセゾン自動車火災あたりがお得感が大きい。
もちろん保険料が高い方、車両保険もフルで付帯させるような人は例外的に定率式や段階式のインターネット割引が安いケースもあります。
自分の保険料をざっくり計算してから考える方がハッキリするはずです♪
せっかく任意保険